フランス料理で使われる草「プルピエ」の種
594f573cc8f22c552401155c 594f573cc8f22c552401155c 594f573cc8f22c552401155c

フランス料理で使われる草「プルピエ」の種

¥540 税込

送料についてはこちら

ヨーロッパ野菜 スベリヒユ科 スベリヒユ属 purslane,pursley,kitchen-garden purslane(英) pourpier(仏) 独耳草(中) 大葉スベリヒユ、立スベリヒユ園芸植物のハナスベリヒユの仲間で北アメリカ原産だがフランス、ドイツ、オランダなどヨー ロッパ各国で特に栽培されているので「ヨーロッパ野菜」に入れている。 その他では中国やベトナム、インドでも栽培されている。 日 本には明治の初期には伝わったと記述があるが現在日本に入っているのはインドからの輸入もので国内生産はほとんどといってない。 日本では雑草扱い だ。 クレソンに似た味で独特の辛味がある。 日本でも一部で地域でお正月に食べられたり、「スベランソウ」といい山形では受験のまじないに 食べるそうだ。 【プルピエ】(英語圏ではパースレーンと呼ばれる。フランスではプルピエ) フランス料理で使われる草「プルピエ」の種 0.05g(約100)粒/袋