ルッコラより味が濃いハーブ・ワイルドロケットの種
57ac075499c3cdda52005e30 57ac075499c3cdda52005e30 57ac075499c3cdda52005e30

ルッコラより味が濃いハーブ・ワイルドロケットの種

¥540 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

セルバチコ(ワイルドロケット) ピリ辛でゴマの風味をもつ、ルッコラの味を濃くしたようなハーブ。 学名 Diplotaxis tenuifolia 科名 アブラナ科 性質 多年草 耐寒性 -10℃ 利用部位 葉 栽培 基本的に栽培は簡単。 水はけのよい土を使ってちょっと肥料多めに育てると良い。 ワイルドロケットという名前だが、属レベルで違っていて、 ロケットは1年草である事に対しこちらは多年草。 利用法 ピリ辛でちょっと苦味のあるごま風味という味の葉を食べる。 ロケット(ルッコラ)を味濃くしたような風味。 サラダに混ぜてもよし、スープに散らしても良し。肉料理や魚料理にも。 春菊のような感覚で鍋に使うのもおススメ。 ごまの香りとピリッとした辛みや苦みが特徴で、葉はタンポポに似ている。ビタミンCやEが豊富で、カルシウムはピーマンの約30倍、鉄分はモロヘイヤと同等といわれ、栄養価は抜群。抗酸化作用が高く、美肌や消化促進・血液浄化などに効果があるようだ。独特の辛み・苦みは加熱すると消える。 葉は、サラダなどの生食、おひたしや炒め物、肉や魚料理の添え物、など多彩に利用され、種子は強壮作用があるとされハーブティーに用いられる。 ロケットサラダは、庭やプランターに直まきでOK。2~3日で発芽し、1~2カ月して葉が10cmぐらいになったら収穫時期。外側の葉から摘みとれば新しい葉がどんどん育っていき、花芽が出たら摘んでおくと、いつまでも柔らかい葉が楽しめる。 栄養成分 ビタミンC,E、カカリウム、カルシウム、鉄などを含む。 ロケットサラダの見分け方 若い葉にはギザギザがすくない、葉先までピンとしてみずみずしいいもの。葉が根元から密生しているは育成がよく、香りも高い。 キッチンガーデンに 栽培は比較的容易。種まきは、春なら3月~5月、秋なら9月~10月にたっぷりの種を蒔く。どんどん間引いていくのが栽培のコツ。日当たりのよい場所を好み、水はけがよく、湿り気があり、有機質を多く含んだ栄養豊富な土が適している。 セルバチコ ワイルドロケットとも呼ばれ、野生種に近い品種。辛みが強い。 ルッコラより味が濃いハーブ・ワイルドロケットの種 0.03g(約100粒)/袋 ※当ショップは種数で販売していますので複数購入の場合は1種類につき1つの袋に同封しています。